函館真昆布の背景を知る

歴史の話

函館真昆布歴史

今から200年以上前の寛政の年間に、幕吏の文人 村上島之允が著わした蝦夷風俗絵巻「蝦夷嶋奇観」では「御上り昆布、一に曰く天下昆布」、「廳(ちょう)に奉る。これ昆布の絶品とす」と記されており、長くその価値が伝えられてきたことが窺い知れます。

昆布年表

「続日本書紀」
(国立国会図書館デジタルコレクション)

奈良時代715年
日本の歴史書に「昆布」の文字が使用された最古の例

日本の文献に「昆布」が登場する最古の例は、797年に完成した「続日本書紀」の霊亀元年冬十月丁丑条とされ、この時期、昆布は朝廷への貢献品であったとの記載がある。

「本草和名」(国立公文書館デジタルアーカイブ)

平安時代918年
「本草和名」に「昆布」の記載あり

深根輔仁(ふかねのすけひと)が勅選により編んだ博物書「本草和名(ほんぞうわみょう)」三巻には、「一名綸布。一名比呂女(ひろめ)、衣比須女(えびすめ)」とその語源が記されている(稲垣美三雄編・日本昆布大観・昭和二二年刊)。

出典:「南茅部町史」上 第6編 第1章 第1節 史書と昆布 宇賀昆布

「廻船式目」(東京海洋大学附属図書館所蔵)

鎌倉時代1223年
「廻船式目」に
「十三湊」の記載あり

十三湊は戦国時代までに成立したとされる『廻船式目(かいせんしきもく)』(現在の海商法に当たる法律書)のなかで「三津七湊」の一つに挙げられるなど、中世に始まる典型的な港湾都市のひとつであった。

「精進魚類物語」(国立公文書館デジタルアーカイブ)

室町時代1481年
「精進魚類物語」に
「昆布」の記載あり

「精進魚類物語(しょうじんぎょるいものがたり)」、別名「魚鳥平家(ぎょちょうへいけ)」は一条兼良(いちじょうかねよし)が著者(二条良基(にじょうよしもと)という説もあり)といわれているが、この話の筋書きでは「昆布」が大きな比重を占めており、「昆布」がかなり重要な食品であったと想像できる。

「蝦夷島奇観」(函館市中央図書館所蔵)

江戸時代1800年
寛政12年ころの昆布漁業

幕吏の文人 村上島之允が著わした蝦夷風俗絵巻『蝦夷島奇観』寛政12年(1800年)刊では昆布採集時期と種類について次のように述べており、この「蝦夷島奇観」の記事から、昆布の採取時期は6月土用から8月15日頃までにかけてであり、この当時の昆布の種類が、御上り昆布・志苔昆布・菓子昆布・三ツ石昆布等であったことがわかる。

「大船漁協青年部と養殖昆布」

明治〜現在1969年
南茅部町で促成コンブ養殖が開始

昭和41(1966)年、川汲漁協において道開発局水産課の委託事業として研究助成を受け、当時の北水研増殖部長だった長谷川由雄博士の指導による促成コンブ試験調査事業(四ヵ年計画)が行われ、試験調査の結果、2年生であるマコンブを1年間で生長させる促成栽培に成功した。

昆布年表

お知らせ

函館新聞にて、函館真昆布ポータルサイトが紹介されました(2024.6.19)

お知らせ

五島軒のレトルトカレー『函館カレー』が「函館真昆布」出汁を加えてリニューアルされました(2024.6.17)

お知らせ

マコンブ種苗生長状況調査同行時の動画を公開しました(2024.6.17)

お知らせ

「函館市内のお立ち寄りスポット」情報を更新しました(2024.6.17)

お知らせ

函館真昆布のフライヤーを配布します!今すぐダウンロード!!(2024.6.17)

お知らせ

2つの函館市関連サイトに「函館真昆布」ポータルサイトのバナーが掲載されました(2024.6.14)

お知らせ

「函館真昆布」Webサイトが函館市公式サイトで紹介されました(2024.5.27)

お知らせ

マコンブ種苗生長状況調査に同行しました(2024.2.29)

お知らせ

「プロジェクトイベント-魅力再発見。世界に誇る『函館真昆布』-」の様子を要約したダイジェスト動画をプロジェクト公式YouTubeチャンネルで配信しています

お知らせ